MENU TEL

Blog記事一覧 > よもやま話 > ホーホケキョ 有隣館日暮里鍼灸整骨院

ホーホケキョ 有隣館日暮里鍼灸整骨院

Category: よもやま話

2月のこの時期は、梅の花が似合う季節です。

 

そして、梅の花に似合う鳥といえば、ウグイスではないでしょうか。

花札の絵柄にも、梅とウグイスが登場します。

 

花札 梅と鶯

 

しかし、梅の花にとまっている鳥、ウグイスではなくて、メジロでは?

という説もあるようです。

 

メジロ

 

ところで、当院がある場所は、日暮里駅の近所ですが、行政的な

町名は西日暮里になります。

 

日暮里駅のお隣には、鶯谷駅があります。

でも、鶯谷という名の行政的な町名は存在しません。

 

では、何故、鶯谷という名前が付いているのでしょうか?

ウグイスがたくさんいるようで、いない感じなのですが・・・

 

鶯谷の地名には、由来があるそうです。

 

その昔、京都から上京してきた住職さんが、上野の寛永寺に

留まって居た時のこと。

 

お寺

 

寛永寺の近くで鳴いていたウグイスの鳴き声が、どうやら

お気に召さなかったようで、

 

”上野のウグイスは、訛ってる!”と、ご立腹。

 

住職

 

わざわざ、京都から、鳴き声の綺麗な(??)ウグイスを大量に運んで

こさせて、この辺りに放したところ・・・

 

美声のウグイスがたくさん鳴くようになり、ウグイスの名所に

なったということから、鶯谷の名前が付いたとのことです。

 

素人には、訛っているウグイスと、美声のウグイスとの識別は、なかなか

難しいと思いますが、悟りを開くと違うのでしょうか・・・?

 

訛りを超越した鳴き声で、”ボーボゲギョ!”というのも、かつては西日本を

中心に流行っていた時代もありました。

 

のりお・オバQ

  ボーボゲギョとくれば・・・

 

有隣館日暮里鍼灸整骨院

〒116-0013

東京都荒川区西日暮里2-26-10 日暮里ビル1F

TEL:03-6458-3313

HP:http://ikgroup.co.jp

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

当院へのアクセス情報