MENU TEL

Blog記事一覧 > ,運動器疾患 > 振り向きにくさと肩甲骨の位置の関係

振り向きにくさと肩甲骨の位置の関係

Category: ,運動器疾患

寝違えなどを起こしたときに、痛くて顔を横に向けられない、

首を捻れないなどの辛さに悩まされることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、別に寝違えたようなわけでもないのに、

何だか振り向きづらくて・・・と感じることはありませんか?

 

顔を横に向ける・振り向くという動作は、

基本的に首周りの筋肉が働くため、まず始めに治療の

対象として疑われるのは、首周りの筋肉になってきます。

 

 

場合によっては、頸椎の椎間関節という部分が

影響してくることもあるので、筋肉+骨(頸椎)の

2つの組織に疑いをかけていくこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首周りの筋肉を緩めて、頸椎の状態も整えて・・・

なのに、イマイチ、振り向き動作に辛さや違和感が

残ってしまうことがあります。

 

そんなときに、ちょっと気にしてみる価値のある場所が

肩甲骨になります。

 

なんとなく、自分自身で左右の肩甲骨の状態を確認する

のであれば、両手でゆっくりバンザイをしてみたり、

横から伸ばした腕を頭の方へ近づけてみたり・・・と、

肩を動かしてみることで多少判明することもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、具体的に肩甲骨の位置を左右で比較するとなると、

自力では難しいので、誰かに背中側から見てもらう、

あるいは触れてもらうという作業が必要になってきます。

 

さて、振り向きにくさを感じる時の肩甲骨の位置ですが・・・

 

どちらかというと、猫背や巻き肩っぽくなっていて、

なおかつ肩甲骨が背骨から離れた位置にある側は、

けっこう振り向きにくさを感じる側と一致することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時、意識的に肩甲骨を背骨側に引き寄せ、

胸を開くような恰好をしてみると・・・

 

”あれっ?引っかかり感なく振り向ける!!”

 

ということがあります。

 

基本的には、左へ振り向きにくければ、

左の肩甲骨を背骨側に引き寄せて・・・なのですが、

場合によっては、

振り向きにくい側と反対側の肩甲骨を

背骨側に引き寄せると振り向きやすくなる、

というケースもありますので、左右の肩甲骨を

引き寄せて確かめる価値はありそうです。

 

 

 

お問い合わせはこちら

当院へのアクセス情報