MENU TEL

Blog記事一覧 > よもやま話 > 身近にいる、こんな人になりたい!!

身近にいる、こんな人になりたい!!

Category: よもやま話

私は、早めに出勤した日や仕事が早く終わった時などに、

日暮里駅近くにあるハンバーガー屋さんに立ち寄ることが

あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中に行くといつも、スタッフのご婦人方がテキパキと

動き回っていらっしゃいます。

 

その中の一人であるOさん。

結構前から知っている方でもあり、こちらの事も良く

覚えていて下さるため(整骨院勤務もバレてます)、

レジのところで世間話をすることが多々あります。

 

つい先日の事、私の前に外国人のお客様が数人並んで

いました。前々から知っていたことなのですが、

前出のOさん、かなり流暢に英語を話されます。

 

その時並んでいた東南アジア系のお客様には、

ドリンクに氷を入れるかどうか質問していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通に冷たすぎる飲み物を欲しないという可能性も

考えられますが、国によっては、上水道の整備が

整っていないため、飲食店で出される飲み物に

入っている氷が原因でお腹を壊してしまうから、

あえてドリンクは”No  ice!”でという地域もあります。

(実際、タイに行ったときなどはそうでした)

 

そんな文化的背景をも考慮して、Oさんは対応して

いらっしゃるのかなぁ・・・すごい!と勝手に想像。

 

その後も、お会計が610円となり、

東南アジア系お客様が千円札をとりあえず出した際に、

“10(Ten)coin , please!”

“100(One Hundred )coin , please!”

と続けて伝え、結果的に、500円玉1枚を渡して

あげていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小銭をジャラジャラと渡してあげるよりも、

後々使いやすい500円玉1枚を・・・と

Oさんが考えていらっしゃったかはともかく、

ここでも細やかな配慮をされているんだな~

と、再度勝手に想像してしまいました。

 

一連の流れの一部始終を眺めていた私は、

”Oさん、相変わらず素晴らしい英語力ですよね!!

と一言。

 

Oさんは、

”全然、ダメダメですよ~”とご謙遜。

 

その奥ゆかしさに魅了され、思わず、

6枚綴りのコーヒーチケットを購入してしまいました。

(同チケットは、過去に何度も買ってますが・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院でも、今年の初めから、全社ミーティングの際に

毎月1度ですが、英会話教室が開催されています。

 

異国の方が来院されても、ハンバーガー屋のOさんの

ように、ごく自然な英語対応ができたらいいな~と

思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

当院へのアクセス情報